2014年07月02日

こんな本読みました! 1/47

1106233532

 

     ラブホテル 「ホテル ローヤル」 を舞台にした小説。作者の生い立ちも

     この小説の発想に関与している様だが、何かひと通り読んで

     やっと全体が見えたような。「濡れ場」がどうのではなく、

     様々な背景を持った男女ふたりが、織り成すストーリーに

     「良く考えたな!」 と思う。

posted by Rugkaz at 16:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | こんな「 本 」読みました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

こんな本読みました! 1/46

1106274596

     1〜3巻、総1200ページ。やっと読み終えました。

     合衆国の1900年代初頭から現在のオバマ大統領まで、

     時折々の大統領が、ほぼ100年の歴史を回りのブレーン

     とどんな判断をしてきたか。様々な証言を基に書かれた

    ノンフィクション作品でしょうか。(知識の少ない私ですが)

   読み終えてみると 「ご都合主義なのかな?」と言う言葉が

                                                    頭からはなれないのですが。

posted by Rugkaz at 08:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | こんな「 本 」読みました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

こんな本読みました! 1/45

30893614

     アフリカ編 (1,2)

     御巣鷹山編 (3)

     会議室編 (4,5) 読み終わりました。日本の航空会社を

     舞台にした小説。山崎さんは 「取材力に長けていた」 と

     聞きますが、読んでいても小説よりノンフィクションを読んで

     いる様を毎度 〃 感じます。 楽しかったです。

posted by Rugkaz at 14:59| Comment(0) | こんな「 本 」読みました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

こんな本読みました! 1/44

1106244617

     2012年に 「芥川賞」 を受賞したこの作品。

     中は 「共喰い」 と 「第三紀層の魚」 との2部作。

     私の読書力の無さでしょう。

     最後の著者と 「瀬戸内寂聴」 さんとの作家の対談が

     目を引きました。

     田中さん ゴメン!

posted by Rugkaz at 11:43| Comment(0) | こんな「 本 」読みました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

こんな本読みました! 1/43

1106038950

             私の住む所には、航空自衛隊 「入間基地」 がある。小さい頃から親しんだ

             「ブルーインパルス」。当時は曲技機がF-86セイバー。コンパクトカメラでウキウキしな

            がファインダーを覗いたものです。その後機種もT-2から現在のT-4へ。今年も

            11/3の「航空祭」で妙技を魅せてくれました。

             この本の著者武田氏、元「航空ジャーナル」の記者。その後フリーとなったものの

             20年以上前から当時のパイロットとの交友があった様で、かれらの退官を待ち

            当時の事も含め本にまとめた様です。読むと(軍隊では無い?)航空自衛隊も

            脈絡が戦前・戦中・戦後と続くのですね。パイロットは「野武士」の集まりとか。

            インパルスの 「編隊飛行」 から始まり 「演技内容」 により1番隊長機の号令ひと

           つで全機が墜落の危機に合う、そんな空間の様。

           しかしこの本の全体は、ひとり 〃 が織りなす 「人間関係・人間集団」 の話に

           尽きそうです。でも現場の様子が分かり非常にルンルンな本でした。

           

posted by Rugkaz at 08:46| Comment(0) | こんな「 本 」読みました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。